弁護士と司法書士との違いのイメージについて

まず、初めに、弁護士に関してですが、弁護士は法律業務のプロでどのようなことでも相談すれば何らかの形で解決して頂けるイメージです。

そして、弁護士さんは、各専門分野があるというのもイメージのひとつとしてあるため、その分野の専門の弁護士さんに相談して、裁判をすれば、まあ勝てるというイメージです。

また、弁護士は、公認会計士や税理士の業務に関しても当然のことながら登録さえすればその業務を行うことができるため、知識の幅も広いというイメージです。

たいして、司法書士というのは、例えば不動産の登記に関する業務をお願いするというイメージが強いです。

最近では一部に関して司法書士が弁護士業務を行うことが出来るということですが、やはり依頼者としてはそのへんの仕事は弁護士にお願いし正当な権利の主張を間違いなくしていきたいという考えをお持ちの方が多いかと思います。

これは本当に私個人のイメージなので一般の方のイメージとは違う部分もあるかとおもいますが、そういった法律業務全般に関して、弁護士さんが窓口になり、

必要な書類や業務に関して、司法書士さんや行政書士さんに仕事を割り振るような事務所があれば、最悪裁判になったときのこととか含めて安心です。

 

債務整理 北九州とかは、弁護士さんのバターンと司法書士さんのパターンがあるようです。

借金の金額によって変わるので、一度相談してみるとよいですよ。

したがって弁護士さんと司法書士さんがいる事務所に仕事を依頼します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です